外来案内

受診時のお願い

泌尿器科に関する症状でお困りの方は、山梨大学医学部附属病院へ受診される際に、あらかじめ以下のご準備をしてきていただくと診察がはかどります。また、初診患者さんの予約は原則として行っておりませんが、他の医療機関を受診して本院受診が必要な場合には、その医療機関が電話による予約を行い、紹介状持参の上診療を行うシステムがありますので、予約受付専用電話(055-273-9815)へご連絡下さい

  1. 現在お困りの症状について、どのような症状か、いつから起こったかなどをまとめてメモする。
  2. 原則として紹介状のない方は受け付けておりません。別の医院や病院に通院されている場合には、そちらからの紹介状を持参してください。
  3. お薬手帳、もしくは内服しているお薬とその説明書を持参していただく。
  4. ロボット支援手術について  2013年以降、内視鏡手術支援ロボット ダビンチ を用いた前立腺癌に対する「ロボット支援腹腔鏡下根治的前立腺全摘除術」を実施してきましたが、このたび腎腫瘍に対する「ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術」を開始します。ご相談をご希望される方は、武田正之 教授 外来(火・木)または座光寺秀典 准教授 外来(火)で、ご相談下さい。
  5. 当科には体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)がございません。原則的に尿路結石症の診察・治療は行っていません。
  6. 山梨大学附属病院泌尿器科は2018年4月よりNCD手術・治療情報データベース事業に参加しています。NCDとは一般社団法人National Clinical Database(NCD)というデータベース事業で、全国の手術・治療情報・医療保険請求に関連した情報を登録し、集計・分析することで最善の医療を国民に提供することを目指しています。
    この事業によって適切な医療を提供するための医療資源の適正配置が検討でき、結果として国民に最善の医療を提供するための参考となる基礎的な情報を得ることができます。医療のより良い未来のためにも何卒ご理解の上、ご協力いただきたくお願い申し上げます。