泌尿器科専門医を目指す皆様へ

ごあいさつ

ごあいさつ

泌尿器科では、悪性腫瘍(腎、膀胱、前立腺、精巣など)、下部尿路機能障害、内視鏡外科(ロボット支援手術、腹腔鏡手術など)、小児泌尿器、女性泌尿器、腎移植・透析、内分泌外科、尿路結石、尿路感染症、不妊症、性機能障害などの幅広い分野を扱っています。また、近年の超高齢社会の到来に伴い、前立腺癌、前立腺肥大症、女性尿路疾患、尿失禁の患者は著しく増加の傾向にあり、泌尿器科医のニーズは確実に高まっています

当科では泌尿器科専門医を目指す医師のために臨床研修プログラムを策定し、泌尿器科全般において診療の基本を習得して泌尿器科専門医はもちろんのこと、各種専門医・認定資格を取得できるよう、責任をもって教育と指導に当たっています。特に、山梨大学のプログラムの特徴として、近年著しく増加しているロボット支援手術や腹腔鏡手術について、早い段階からから研修プログラムに取り入れて研修を行っています。さらに、世界に通じるacademic urologistsの育成にも力を注いでいます。

将来の泌尿器科学を担う多くの人材を育成したいと考えていますので、泌尿器科に興味・関心をお持ちの先生方にぜひ門を叩いていただきたくご案内申し上げます。

 

泌尿器科学講座 教授 三井貴彦