泌尿器科専門医を目指す皆様へ

講座紹介

武田正之
山梨大学大学院
医学工学総合研究部
泌尿器科学 教授
武田正之

診療・研究テーマ

  1. 排尿障害・女性泌尿器科
  2. 低侵襲外科治療法の開発・普及
  3. 尿路性器悪性腫瘍の臨床・研究
  4. 腎不全治療・腎移植
  5. 男性不妊・男性機能障害に対する臨床研究
  6. 小児泌尿器科

概要

本講座は、1983年に上野 精先生(山梨大学名誉教授、元山梨医科大学副学長)を初代教授として誕生し、1999年には第2代として武田正之が着任しました。現在の主たる専門領域は、排尿障害・女性泌尿器科、低侵襲治療、泌尿器悪性腫瘍の治療、腎不全治療・腎移植、小児泌尿器科、不妊・男性機能障害です。2010年には、甲府市内で第17回日本排尿機能学会を開催しました。海外からの招請講演演者10名や多くのシンポジウム・ワークショップを行い、日本全国から約1,000名の参加者が集まりました。2011年からは、武田教授は日本排尿機能学会理事長、国際禁制学会(ICS: International Continence Society)理事となり、わが国の排尿障害研究の第一人者であります。2015年には日本泌尿器科学会東部総会を主催し、多くの参加者があり、にぎわいました。
国内外での多くの学会での研究発表、論文発表を行ってきていますが、2009年には、望月 勉医師(現 非常勤講師)が日本泌尿器科学会賞を受賞し、2011年には中込宙史学部内講師が、欧州泌尿器科学会で「ベスト・ポスター賞」を受賞しました。また2016年には井原達矢学部内講師が、同じく欧州泌尿器科学会で「ベスト・ポスター賞」、排尿機能学会で河邊賞を受賞しており、2017年には排尿機能研究の最高峰であるDiokno Lapides Essay ContestでGrand Prizeを受賞しております。

2010年には第14回アクセス研究会を深澤講師を会長として山梨県内ではじめて開催し、全国から多くの参加がありました。

モットー

教室のモットーは「明るく楽しく良く学ぶ」、医療のモットーは「患者さんの満足できる質の高い最小侵襲医療」、研究のモットーは「Original,Simple,and Understandable」です。教室員の育成方針は、「Surgeon Scientistを目指せ」です。

臨床面

定床33ベッドの入院病床、泌尿器科外来、血液浄化療法部門(13ベッド)の診療を担当しています。

1.排尿障害・女性骨盤底障害治療

武田教授、三井准教授、吉良助教を中心として活動しています。火、木曜日には尿失禁外来を、火曜午後には女性泌尿器科外来と尿流動態機能検査を行い、一般泌尿器科医にとって難度の高い排尿障害患者、女性骨盤底障害患者を対象としています。腹圧性尿失禁に対するTOT手術や骨盤内臓器脱に対するTVM手術などの新しい治療や高度先進医療の対象としての人工括約筋埋設術、排尿筋過活動患者に対するバニロイド活性薬の膀胱内注入療法、間質性膀胱炎に対する附子末を中心とした新しい漢方療法、水圧拡張療法、ボツリヌス毒素注入療法など様々な診療を行っています。

また、社会的活動として武田教授と小林晴名医学博士(元大学院生)を中心に、非営利組織である「山梨排泄問題研究会」を組織して事務局を泌尿器科学講座医局におき、幅広く医療関係者や一般市民に対する啓蒙活動を実践しています。

2.低侵襲外科治療法

武田教授は、1992年に世界で始めて腹腔鏡下での副腎摘出手術に成功し、その後は小児に対する腹腔鏡下手術、腎腫瘍などの各種泌尿器科悪性腫瘍に対する腹腔鏡下手術、最近では腎移植ドナーに対する後腹膜腔鏡下腎摘出術など様々な腹腔鏡下手術に熟練しています。武田教授を中心とした腹腔鏡下手術件数は年間100件余りで、わが国の泌尿器科腹腔鏡外科施設を代表しています。 また、二酸化炭素を用いない低侵襲外科治療法であるいわゆる「ミニマム創手術」(小切開腹腔鏡補助下手術)も早くから開始しており、現在では神家満講師、井原助教を中心に継続して行っております。腹腔鏡下手術とともに認定施設となっています。さらなる低侵襲化と高度技術を目指して、ダビンチシステムによるロボット補助下手術も導入しております。すでに武田教授、三井准教授、神家満講師、澤田講師、中込学部内講師、吉良学部内講師、井原学部内講師、井上助教、高橋助教、今井助教、松田病院助教が認定施設でのトレーニングを終了しており、ダビンチ手術の認定資格を所持し手術を安全に施行しております。2016年4月より保険適応となりましたロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術についても、三井准教授、澤田講師、吉良学部内講師を中心に施行しております。

3.腎不全・腎移植

深澤血液浄化療法部長、神家満講師、今井助教を中心として、血液透析、腹膜透析、腎移植を系統的に行い、透析用動静脈内シャント閉塞に対する各種のInterventionalRadiology、腹膜潅流用カテーテル位置固定のための内視鏡補助下手術、生体腎移植における腹腔鏡下ドナー腎摘出術など、様々な新しい治療法を行っています。 抗体陽性例、血液型不適合移植、移植後早期FSGS再発例などのハイリスク症例に対しても積極的に腎移植を行い、また、山梨県内唯一の献腎移植施設として、心臓死・脳死の両者からの献腎移植にも取り組んでいます。

4.泌尿器悪性腫瘍治療

尿路上皮がんに対する従来法よりも低侵襲の新しい化学療法レジメ、腎細胞がんに対する低侵襲治療と分子標的治療薬の組み合わせ、腎盂尿管がんに対する低侵襲治療、ハイリスク精巣腫瘍に対する多剤併用化学療法を含む集学的治療などを中心としています。前立腺癌診断のための山梨大学オリジナルのテンプレートを用いた生検方法を取り入れており、高い診断率を得ています。前立腺がんに対する小線源放射線治療法を、2011年から導入しています。

5.男性不妊・男性機能障害治療

澤田講師を中心として、男性不妊症、無精子症に対するICSI(卵細胞内精子注入療法)のためのMESA、TESAなどの精巣組織採取、閉塞性無精子症に対する顕微鏡下手術(MD-TESE)、男性機能障害や男性更年期に対する治療などを行っています。

6.小児泌尿器科

先天性尿路奇形全般に対する形成術を行っています。幼児に対する腎盂尿管移行部狭窄症に対する腹腔鏡下腎盂形成術、非触知精巣に対する腹腔鏡診断と腹腔鏡下2期的固定術、低形成腎に対する腹腔鏡下腎摘除術などの低侵襲手術は積極的に行っています。
夜尿症患者に対して、デスモプレシン点鼻、アラーム療法などを系統的に行い、治療抵抗例に対しては泌尿器科外科的治療も行っています。